家族葬を連絡する際に気を付けるべきこと

家族葬は家族や近しい親族、ごく親しい知人や友人だけで小規模に故人を送るためのお葬式でもあります。配偶者や父母などが亡くなった場合、交際範囲を全て把握しているわけではないので、どこまで訃報の連絡をすればいいか迷うこともあります。訃報とともに家族葬を執り行うこともお知らせすることになるので、その連絡を受けた側の立場も考えてみなければなりません。連絡が来たということは会葬しなくてはならないのではと余計な気を遣わせることにもなり兼ねないのです。連絡することを迷う友人や知人の場合は、知らせないという方法があることも覚えておく必要があります。

家族葬ではお葬式への参列を遠慮していただいた職場関係の方や知人などには、お葬式後の挨拶状は送るのが礼儀です。訃報を知らせていなかったため驚かれることもあるでしょうが、挨拶状のなかできちんと陳謝しましょう。故人の意思で家族葬にしたと記せばそれほど波風が立つこともありません。

お葬式後すぐに挨拶状を出すとまだ落ち着いていない時期に弔問客が多くなることも考えられます。四十九日が過ぎた後、年末の喪中はがきなど、少し時期をずらしてからの方がいいでしょう。近しい人だけで行う家族葬であっても最低限の礼儀を果たすことは忘れないようにしましょう。