家族葬と四十九日

家族葬だからといって四十九日法要をしなくてもいいというわけではありません。仏教では四十九日は故人の魂が極楽浄土に旅立つ重要な日と考えられており、世間一般では四十九日までは忌中であると考えられています。昔は四十九日までは遺族は魚や肉などを断ち喪に服す期間として特別な用事がない場合は外出も控えて故人の冥福を祈っていました。自宅で後飾りをつくり遺影や位牌、遺骨に供物を供えて線香を絶やさないのが当然のこととされていたのです。現在でも、四十九日法要を済ませてから納骨するのが一般的となっています。

家族葬であっても、一般的なお葬式と変わらず亡くなってから四十九日を目安として僧侶を呼んで読経をしてもらいます。四十九日当日に限るわけではなく、四十九日前の土日に家族や親族を集めて行われるのが一般的です。四十九日法要では、忌明けの宴を開くのが習わしであり現在の精進落としという習慣に引き継がれています。お葬式と違って家族や親族だけで行われることが多いものです。

お墓に納骨する場合は3回忌までに行えばよいとされており、四十九日に間に合わなくても問題はありません。しかし、後飾りは外され位牌は本位牌に替えなければならないので、そのための準備は必要となります。