家族葬と香典

家族葬では故人の意思や喪主、遺族の希望によって家族、親族以外の参列者が限定され、小規模で行われることが多いものです。家族葬で会葬を依頼された場合は、万障繰り合わせの上参列するのが礼儀です。逆に故人が知り合いであっても訃報を聞いただけで弔問、会葬することは遠慮するようにしましょう。訃報を受けた際に、メッセージのなかにお葬式の日時や場所などが案内されていれば参列しても構わないと判断していいでしょう。逆に訃報と家族葬を執り行うことのみの連絡であれば参列を遠慮すべきと判断することになります。

家族葬の会場や喪主の意向によっても異なりますが、一般的には家族葬であっても香典を包むのが礼儀です。家族葬でももてなしの料理や香典返しを準備していることは多いため、家族葬であるからといって手ぶらで行くことがないように注意しましょう。ただし、喪主から香典を辞退する旨のメッセージが添えられている場合は、現金を包むのはやめて供物や供花などを持参するといいでしょう。

場合によっては喪主が一切何も受け取らないこともあります。参列者の気持ちとしては複雑ですが、故人や喪主の意向を尊重するようにしましょう。弔電の場合は返礼品を送る必要もないため、供物などの受け取りを拒否している場合でも受け取ってもらえることが多いようです。