家族葬の費用

家族葬は家族や親族、ごく親しい知人などと行うお葬式ですが、最近では規模の小さな一般的なお葬式を家族葬と呼ぶこともあります。一般的なお葬式と内容はほとんど変わりがなく使用する斎場の規模が小さくなるものを指して家族葬とする場合もあるので、葬祭会社のプラン内容を確認する必要があります。本来の家族葬は香典や供物などをほとんど受け取らず、香典返しなどもしないものであり、一般的なお葬式費用の4分の1から2分の1程度の費用まで抑えることができます。必要最小限の備品のみを使用することによって費用を大きくカットすることができます。

一方で小規模なお葬式の一部を家族葬と呼ぶ場合には、一般的なお葬式よりも少し費用が安いぐらいであまり変わりがないことがあります。自由葬のような形を選ぶとオプション費用がかかって高くなってしまうこともあるので注意が必要です。また、葬祭会社によっては通夜を行わず1日でお葬式、告別式を行う形式である1日葬を家族葬と呼ぶこともあります。

名前だけにとらわれずプラン内容やオプションを含めた詳細な費用まで確認しておくことが大切です。最近では、終活の一環として詳しい内容を確認して生前から予約しておく方も多いようです。